スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の一押し! camptownブランド 

ワンタッチテントで定評のあるcamptown。

大型で個性的テントも手掛ける人気で個性はテントブランド。

ccc5.gif

上記テントを見ればお分かりの通りロゴスのOEMも手掛けてるとか。

その中でもっとも最近気になるテントがコレ!

ccc2.gif

ヘキサタープテント。そのまんまのネーミングです。

でもってそのまんまタープの下にテントをセッティングしただけ。

けどこれ個性的で良くありませんか??

風通りもご覧の通り間違いありません。

ccc1.gif

吊り下げ式と言うのでしょうか?タープに吊るす感じです。

勿論単独でも設営は可能なんですが・・・

テントの単独は無いですね。多分。いや絶対・・・

何か閉塞感無いし開放的だし何か惹かれる。

雨の日の設営、撤収はテントを濡らす心配無し。

って言っても暴風雨には多分無理。弱そう。

ccc4.gif

テントにはベンチレーターも多数装備。

素材はポリエステルナイロンタフタ 75D PUで耐水圧は2500mm程度。

使用人数は不明なんですが2-3人程度なのかな??

気になるお値段は約12000円程度。安い!!

ccc3.gif

実際逆に手間がかかりそうなモデルですが・・・

珍品好きにはそこが魅力・・・



スポンサーサイト

マウンテンイクイップメント コンパクトフォールディングチェア 

コールマンのコンパクトフォールディングチェアと

ほぼ同じデザイン、スペックのマウンテンイクイップメントのチェア。
neic1.gif
自分としてはカラーリング、ロゴ含めこっちが好み。

因みにこれコピー商品とかじゃないですよ。念の為。

マウンテンイクイップメントの正規品です。

日本の代理店はアパレルしか手を付けていませんが

韓国の代理店は逆にキャンプ用品がメインなのです。

mepo.gif

なのでバーナーやテーブル、テントもこのカラーで流通しています。

なのでサイトをMEでそろえる事も可能なのです・・・

まぁ日本で言うコールマンジャパンやウールリッチと

おなじと言う事ですね。。。






韓国版 パビリオン タイプ 

韓国のあるブランドが本気でMSRやヒルバーグの

レプリカを製作してる所があるんですがこれが見ていて面白い。

ヒルバーグだとアルタイやナロやら・・・

それも品切れ連発で売れてそうです。

pv1.gif

例えばMSRのパビリオンタイプ。いいでしょ。

タイプですよタイプ。

ここまで拘って何故かカラーはスノピカラーだそうです。

まぁ良いですよね。実用的には使い倒せそうで。

今じゃパビリオンもオークションじゃかなり高額。。。

しかしこのモデルなら当たり前ですが激安!

といいつつ微妙に・・・個人差か。。。

まぁレプリカでもって人にはお勧めですね。



ヘリノックスチェア Helinox Chair 

hel2 (2)

巷で話題のコンパクトチェア。

hel2 (1)

ヘリノックスで利用されているポールはDAC社製。

それを用いてチェアにしたのがヘリノックスチェアです。

因みにご存知だと思いますがMSRやTNFでお馴染みのポール会社

dac1.gif

DAC社(ドンア・アルミニウム・ コーポレーション)は

韓国のブランドです。(USAだと思っている方が極稀にいますので・・・)

因みに有名なポール会社ユナンも韓国です。

で、日本での販売元は何故か小川です。何か意外・・・

何故なら韓国ではこのチェアキャンプ用等では無く

登山用とし販売されています。

因みに日本で使われている宣伝写真も↓

hel4 (1)

hel4 (2)

トレッキングや登山を想定した写真で韓国の使い回し・・・

そんな事よりこのチェア、カラーバリエーション

増えたら面白いんだけど流通しすぎると

良い物感薄れるんだろうな~。。。

けど欲しい。。。

けど登山用チェアはこれがあるからいらないんだけどね・・・

sno1.gif








berghaus FREEFLOW PRO 40 

ザック問題に終止符。。。

macpacにも惹かれながら最高のザックと出会いました。

バーグハウスの代表的ザック・・・

baza.jpg
berghaus FREEFLOW PRO 40

これぞまさに理想形です。

以下HP紹介文をどうぞ・・・

山小屋泊の山行に最適なザック。
フリーフロープロシステムを搭載し、
真夏の登山時にも背中が蒸れることなく快適です。
また、蒸れを徹底的に軽減することを重視して、
ベルトなど身体に密着する部分には、
通気性を高めるための気孔を施したエバブレス™を採用しています。
また腰の動きに合わせてヒップベルトがピボットして、
ベルトを使用者の最適な腰の角度に追従させることができる
リボルブヒップベルトを採用しています。
メインコンパートメントをファスナーで2気室に分けることも可能です。

何と言っても40Lクラスで2気室になるのが最高。

下の荷物が取りやすく便利便利。。。

テント泊も考えられたシュラフベルト?と言うか知りませんが

ザックの下のコンプレッションベルトが付いているのが憎い。。。

中々付いてないんすよね・・・

納得いかない部分も多々ありますがこれに落ち着きます。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。